福岡大学 医学部 心臓・血管内科学講座

診療・研究内容

腫瘍循環器部門 Department of Onco-Cardiology

腫瘍循環器部門について

わが国では、がんと循環器疾患が併存している患者が増加しています。がん治療の進歩により、予後が大幅に改善し緩解あるいは完治するケースも多くなってきました。しかし、抗がん剤の多くは心臓・血管を傷害します。がん治療により、高率に高血圧を発症します。また、高齢者や心血管疾患のハイリスク患者では、心不全も発症し易くなります。また、以前よりがん患者に血栓塞栓症の多いことは知られていますが、最近の抗がん剤は血栓塞栓症を促進するため、がん患者が治療中に血栓塞栓症となり、生命に危険が及ぶことも増えてきました。

私たちは、がん患者が安全にがん治療を受けられるように、がん治療前に心機能評価が必要な患者に対し精密検査を行い、また、治療後に循環器疾患で命を落とすことのないように腫瘍循環器部門を立ち上げました。また、従来の循環器疾患の患者に対する心大血管リハビリテーションの提供に加えて、がん患者を対象とした腫瘍循環器リハビリテーションの実施も可能です。今後は、さらに他のがん専門診療科と密に連携し診療を行って参ります。

心筋症エコー
  • 拡張期

  • 収縮期

⾎栓塞栓症 CT
  • 直腸がん患者の左総腸骨静脈血栓

関連ページ